安い料金でマウスピース矯正ができる東京の矯正歯科です。
東京モニター矯正歯科
10:00-12:30 / 14:00-20:00
※土曜・日曜 9:30~13:00 / 14:00~17:30
休診 金曜日、祝日

「マウスピース矯正って何?」費用やメリットまで解説

初めて『マウスピース矯正』という言葉を聞いた方。

または、「マウスピース矯正を迷っている」と考える方。

マウスピース矯正の解説から、抑えておきたいポイントをご紹介いたします。

矯正方法

透明なプラチックのマウスピースを2mmずつサイズを変えて複数制作し、番号の順番に交換していくことで歯並びを揃える方法。

制作するマウスピースの数は歯並びの状態によって変わり、50個~150個と差があります。

1個のマウスピースに対して1日20時間を目安に装着し、一週間~二週間で交換していくことで、

メリット

歯科矯正にはワイヤー矯正や裏側矯正がありますが、マウスピース矯正ならではのメリットをご紹介します。

バレない

マウスピースが透明なので、装着していても全く目立ちません。

「矯正してることがバレることはほぼありえない」というほどで、芸能人やモデルも取り入れているようです。

取り外せる

マウスピースはいつでも自分で取り外しができます。

そのため、通常のように歯を磨くことができるため、いつでも清潔に保つことができます。

食事制限がない

食事の際はマウスピースを外して食べるため、何の食事制限もありません。

外している間は好きな物を飲んだり食べたりできます。

痛みが少ない

痛みの感じ方はそれぞれですが、ワイヤー装置と比べて装置が歯に当たるような痛みがありません。

また、一か月に一回調整するワイヤー矯正と違い、1ヵ月に約4個のマウスピースで少しずつ動かすため、従来よりも痛みは弱いと言われています。

さらに極端な例ですが、もしも「痛みに耐えられない」「頭痛がする」と言うようなことがあった場合、最悪はマウスピースさえ外せば矯正の痛みはなくなるので、深夜に痛みに悩むようなこともありません。

通院が少ない

これまでの歯科矯正では最低でも1ヵ月に1回を目安に歯科クリニックへ通う必要がありました。

しかしマウスピース矯正では、1ヵ月半~2ヵ月半に一回の通院で済むので、面倒な通院が必要ありません。

イメージが見れる

マウスピースの制作にあたって、事前に3Dによるイメージ映像を同時に作成するので、自分の歯並びが改善していくイメージを見ることができます。

矯正治療の計画を映像で知ることで「今はどこの歯を動かしているんだろう」「〇番まで頑張れば前歯が大きく動くな」というのイメージできるので、モチベーションアップに繋がると言えます。

金属アレルギーがない

これまで金属アレルギーの方は、装置を付けることができないため、裏側矯正やワイヤー矯正ができないと言うことがありました。

マウスピースは全てプラスチックなのでその心配が必要ありません。v

デメリット

もちろんマウスピース矯正には、マウスピースならではのちょっとしたデメリットもあります。

デメリットと言うほどではありませんが、口コミで上げられる不満を解説いたします。

自分で管理が必要

取り外しが自由な分、自分でしっかり管理をしなくてはいけません。

一日の装着時間を守らないと、矯正がうまく行かずに再スキャン(やり直し)が生じる可能性が高くなり、矯正の期間が長引く場合がああります。

間食がしずらい

マウスピースの装着中は食事ができないので、必ず外さなくてはいけません。

ガムやキャラメルなども装着中は注意が必要です。

種類

では「いざマウスピース矯正をはじめよう!」となる前にもう一つ抑えておきたいポイントがあります。

それがマウスピース矯正の種類です。

一口にマウスピース矯正と言っても様々な種類があります。

  • インビザライン
  • キレイライン
  • クリアコレクト
  • イークライナー
  • アソアライナー
  • アクアシステム
  • ケンライン
  • スターアライン

日本製やアメリカ製や韓国製など、作るメーカーによって違います。

また、非常に料金が安いような広告も多く出ていますが『部分矯正専門」や『前歯だけ』という場合もあるので、よく選ぶ必要があります。

当院では、全世界700万症例以上の実績があり、『上下』から『部分矯正』まで対応可能なインビザラインを推奨しています。

>>インビザライン専門の解説ページ

料金

歯科矯正は、特別な場合を除いては基本的に保険が使えないため、全て自費診療となり、歯科医院によって料金が様々。

そのため、同じ方のインビザラインお見積りでも60万円の医院があれば、100万円の医院もあって料金は様々なので、よくご自身で色々な医院を比較することをおすすめしております。

全体的には裏側矯正より安いというのはほとんどの医院も同じと感じております。

当院での料金は、インビザラインで2種類をご用意しております。

上下の前歯で全20本が対象のインビザライン・ライトプラン。

上下の全ての歯が対象で、噛み合わせまで改善が期待できるインビザライン・フルプラン。